国内FXと海外FXの税金を会計士が分りやすく解説してみた|確定申告

今回は、国内FXと海外FXの確定申告について、お話ししていきます。

「副業収入が、1年間で20万円以上稼いだら確定申告が必要だ。」という事は聞いたことがある方も多いはず。
ただ、実際のところ詳しくは分からないという方へ向けて詳しく解説していきたいと思います。

「俺は、副業で20万円なんか超えなさそうだから大丈夫だ。」という方。

ちょっと待ってください!
例え、20万円は超えていなくても確定申告をすることで税金を安くできる場合もありますので、ぜひ今は副業収入が20万円にとどかない方も最後までお読みください。

国内FX口座を使っている人の税金について

国内FX口座で1年間で20万円以上の収益が出た場合、所得税を払わなければいけません。

もっと具体的に言えば国内FXで得た利益は、所得税の内”先物取引等に係る雑所得等”に分類され、20.315%(所得税15%、住民税5%、復興特別所得税0.315%)の税金がかかります。

FXで得た所得 × 20.315% = 所得税 となります。

なお、国内FXで得た利益は申告分離課税方式で税金がとられます。

申告分離課税とは?
申告分離課税っていうのは、簡単に説明すると・・・
給与や不動産賃貸で得た所得など、色々な種類の収益を合算して税金を計算する(総合課税)のではなく、その収益だけで所得が計算されるものをいいます。

FXで得た所得の計算ってどうやるの?

FXで得た収益 - その収益を得るためにかかった費用 = FXで得た所得 

FXで得た所得の計算は、FXで得た収益からその収益を得るためにかかった費用を差し引くことで計算されます。

では、実際にはFXで得た所得はどうやって確認すればいいのか?
あなたが1年間でFXでいくら稼いだのかは、使用している証券会社から1年間にいちど送られてくる報告書を見ることで確認することが出来ます。最近では、メールなどで送られてくるケースもあります。


FXの収益を得るためにかかった費用ってどこまで差し引けるのか?

FXかかった費用には、何でもかんでも入れられるわけではありません。
これといった決まりはありませんが、「FXの収益を得るためにかかった費用だ」という事を説明できる根拠があれば通常は費用として認められます。

まあ、以下のようなものは通常費用として認められるでしょう。

費用として認めらると考えられるもの

  • スプレッド
  • パソコン購入代金(減価償却費)
  • セミナー経費
  • 交通費
  • 資料代・新聞代
  • 電話代・プロバイダー費用
  • 筆記用具
  • 取引手数料 etc..

確定申告を必ずしなければいけない人

は次のような人です。

FXで得た収益について、確定申告を必ずしなければならない人って?

  • サラリーマン(年末調整あり)が、FXで20万円以上稼いだ場合。
  • 主婦や学生がFXで38万円以上稼いだ場合。

 

副業で、20万円以上稼いだら確定申告をしなければならない。
よくこのような事が言われますが、正確にはサラリーマンが副業で20万円以上稼いだ場合には確定申告をしなければならないという意味です。

一方で、主婦や学生の場合は、38万円を超えた場合には確定申告が必要になります。
これは、基礎控除と言われる所得税の控除が38万円であるためです。
詳細については、話がそれてしまうので、ここでは割愛しますが、、、、

とりあえず、「主婦や学生は38万超えたら確定申告が必要なんだなー。」と覚えておいてもらえればいいと思います。

国内FXで利益が出ていない人必見!確定申告をしたほうが、税金が安くなるかも!?

国内FXでまだ利益が出ていない人は、確定申告は自分にはまだ関係ない事などと思っていませんでしょうか?

実は、国内FXで出してしまった損は確定申告で税務署に連絡しておくと3年間その損失を繰り越すことができるんです。

「ん?」
「どういうこと?」

と思う人が多いと思うので、具体例を・・・
例えばあなたが、1年目に30万円、2年目に20万円の損失をだしてしまったとしましょう。
ただ、3年目はメキメキと力をつけ40万円の利益を上げられた。

このとき、1年目、2年目に損失分を確定申告していたとします。
そうすると、3年目に本来は40万円×20.318%の所得税がとられてたところ、なんと所得税をゼロとすることができるんです。

なお、もし4年目にも40万円の利益が出た場合には、40万円-10万円=30万円に所得税がかかることになりますね。

海外FX口座を使っている人の税金について

ここまでは、あなたが国内FXで稼いだ場合の税金の話でした。

ここからは、あなたは海外FXで稼いだ場合の税金についてお話していきたいと思います。

海外FXで得た収益は、国内FXと同じく雑所得(ざっしょとく)という所得の種類に分類されるものの国内FXとは大きく異なる点があります。

海外FXで得た利益が国内FXで得た利益と異なる点は、海外FXで得た利益は総合所得にまとめられ累進課税により課税されるという点です。

「どういうこっちゃ?」というと、、、

国内FXと海外FXの税金の違い

  • 国内FXの所得は、申告分離課税でいくら稼いでも固定で20.315%の所得税がとられる。
  • 海外FXの所得は、総合課税で稼いだ金額に応じて段階的に税率が高くなっていく。

海外FXの所得は、給料で得た所得と同じくその収益の金額によって税率が高くなっていきます。

もし、あなたが専業トレーダーで年間695万よりも稼いだ場合には、税率が23%になってしまうので、国内FXで稼いだ場合にかかる20.315%の税率を超えてしまう事になります。


(参考:国税庁HPより)

こんな時は、695万円まではハイレバレッジでできる海外FXで稼いで、それ以降は国内FX口座を使ってトレードをする。
というふうに使うのはかなり賢いやり方だと思います。

なお、海外FXには国内FXのような損失を繰越せる制度はありませんので注意が必要です。

まとめ~国内FXと海外FXの税金の違い~

できるかぎりわかりやすく説明をしていこうと心掛けましたが、、、
なかなか上手くいかない部分も多々ありますね、会計士として力不足っす(泣)

今後、ご希望があればこの記事に加筆したり、もっとわかりやすい税金に関する記事を書いていこうかななんて思ってます。
では、今回のお話を簡単にまとめたいと思います。

今回の話のまとめっす

  • 国内FX口座を使っている場合には、FXで稼いだ所得に20.315%の所得税がかかる。
  • FXの所得の計算方法は、「 FXでの収益 - FXの収益を獲得するための費用 ⁼ FXで稼いだ所得」。
  • FXでの収益は、年1回送られてくる証券会社からの報告書で確認できる。
  • FXの収益を獲得するための費用は、根拠のある説明ができれば基本的には認められる。
  • FXについて確定申告をしなければならない人は、サラリーマンで20万円以上のFX収入がある、主婦・学生で38万円以上のFX収入がある人。
  • 国内FXで1年間とおして損失だったとしても確定申告をしておくことで、その年から3年間のうちにでた利益から控除することができる。
  • 海外FX口座を使っている場合には、稼いでいる金額に応じて税率がかわる累進課税で所得税がとられる。
  • 海外FXで収益が1年間で695万円を超えなければ海外FXをやった方が税率が低い。
  • ただし、海外FXには損失を繰越す制度がない。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
よろしければ、はてぶをしていただけるとモチベーションが上がりまくります。

はじめての方におススメの海外FX口座

いつも応援ありがとうございます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です